▲ ページの先頭へ

幸田市にありますオーディオ機器、AV機器販売のプレイバッハ.のホームページです。

トピックス&イベント

商品紹介

【展示入荷】 Monitor Audio 「 Platinum Series PL500Ⅱ 」

Monitor Audio「Platinum Series PL500Ⅱ」

 

モニターオーディオの最上位ゾーンとなる「PLATINUMシリーズⅡ」のトップエンド機”PL500Ⅱ”の店頭展示機が入荷しました。

PL5002

Monitor Audio/Platinumシリーズ

PL500Ⅱ

¥3,200,000/ペア(税別)

 

PL500Ⅱは、Monitor Audio/Platinumシリーズ初のリリースとなるフラッグシップレンジのフロアースタンディング型スピーカーです。
200mm RDT II Bassドライバーを4基、100mm RDT II Midドライバーを2基、MPD トランスデューサーを中心に備え、バーティカルツイン(仮想同軸)構成を取り、高さ約1.9mに到達する圧巻のスケールを持つスピーカーに仕上がっています。
PL200Ⅱの約二倍の高さを誇るエンクロージャーと、PL300Ⅱよりさらに低いクロスポイントを取りながら4基搭載されたRDT II Bassドライバーは、信じがたいほどのワイドかつディープな低音を生み出し、2基のRDT II MidドライバーとMPD トランスデューサーは、豊かな中音域の再生と完璧なハーモニクスを実現。
PlatinumシリーズⅡのテクノロジーを最大限引き出すことが可能な、完璧かつ究極のユニット構成でPL500Ⅱは生み出されました。
7つのユニットが奏でるシームレスで壮大なオーケストレーション、かつてないインパクト、三次元的なサウンドスケープ、全てのサウンドが完璧に調和し、大きなリスニングルームを素晴らしいサウンドでくまなく満たします。

 
Monitor Audio「Platinum Series PL500Ⅱ」
 
Audioquest
Folk Hero Series
・William Tell/ZERO
・Robin Hood/BASS

Monitor Audio「Platinum Series PL500Ⅱ」

【展示入荷】 FOCAL「SPECTRAL 40TH」

Focal spectral-40th
ミュンヘンショウにおいて発表となりましたFOCALの40周年アニバーサリーモデル”SPECTRAL 40th”が入荷しています。
 
FOCAL「SPECTRAL 40TH」
フォーカル創業40周年記念モデル
SPECTRAL 40th
– 40ペア限定発売 –
¥960,000/ペア(税別)

 
 
 
focal-spectral40th
ネオ-レトロ(neo-retro)のコンセプトのもと1990年代を代表する大ヒットモデルSPECTRAL 913.1を、現在のFOCALの技術をふんだんに盛り込み大胆なモディファイのもとに現代に蘇らせた特別な製品です。
 
今日、FOCALカーオーディオにも採用される練熟のAramid fibre(アラミド繊維)を使用した色鮮やかなイエローコーンのユニットは、最新世代の16.5cmシングルスキン(アラミド)K2 ミッドレンジ、18cmダブルスキン{アラミド+グラスファイバー(裏面)}K2 ウーファー×2、そして最も新しい技術となる‘M’形状・インバーテッド・ドームの34mmツィーターを搭載しています。アラミドコーンに特徴的なエネルギッシュで力感あふれる音色に、繊細で豊潤な表現力をも獲得しました。
 
ウォールナットの突板仕上げの側面とブラックハイグロスに磨き上げられたフロントバッフルは、最厚部5cmものMDFで構成された独自のガンマストラクチャ構造で、驚異的な強度とダンピング性能を誇る近年のFOCAL製品のエンクロージャー技術を盛り込んでいます。
 
パワーフローと名付けられたハイスピードで切れのある低域を受け持つフロントポート、ゆったりとした量感溢れる低域を受け持つリアポートの異なる役割を持たせたツインポート構成により、正確かつダイナミックな低域表現をリスニング環境にとらわれず実現します。
​ 
数量限定でお届けするSPECTRAL 40th、FOCAL創業40年の記念モデルは店頭でご試聴いただけます。
​ 
FOCAL SPECTRAL 40TH

【展示入荷】 JBL 「 L100 Classic 」

 
往年の銘機”L100 Century”のデザインをそのままに、チタンドームでワイド化された伝統のサウンドを店頭でご体験いただけます。
 
L100 classic
・開放感に富むサウンド JBL 「 L100 Classic 」
スタジオモニターのクオリティを持つ家庭用スピーカーシステムとして設計された往年の銘機“L100 Century”の意匠デザインはそのままに、最新の技術と音響設計を投入した新世代のスピーカーシステムです。低音域用ウーファーにはJBL史上最強の300m径ユニット1200FE系ユニットをベースに、最新技術により更なる低歪化を実現した新開発ユニット「JW300PW-8」を搭載。中音域には歴代のスタジオモニター4312ファミリーをはじめとする3ウェイ・ブックシェルフ型スピーカーに搭載されてきた、125mmユニットの系譜を受け継ぐ信頼のミッドレンジ・ユニット「105H-1」をそして高音域用にはJBL伝統の明るく伸びやかなサウンドのために選択された25mmピュアチタン・ドームツイーターの最新バージョン「JT025Ti-4」を搭載しています。
L100 classic
 
 
L100 classic 

“Quarerex Foam”と呼ぶ厚手の発泡材でブラック、オレンジ、ダークブルーの3色が用意されています。
店頭では、”オレンジ”を選んでおります。
別売りの専用スタンド”JS-120/¥58,000.ペア.税別”と合わせてご視聴いただけます。
 
 
 
JBL L100CLASSIC

【展示入荷】 elipson 「 Prestige Facet 8B 」

elipson 8B
上質な仕上げと自然で緻密なサウンドが際立つブックシェルフスピーカー。
狭いスペースに理想的な解決策です。
 
elipson
Prestige Facet 8B
¥100,000/ペア(税別)

 

いよいよ日本国内でご案内できるようになりました。全面刷新されたNew Prestige”Facet”シリーズが展示入荷しました。

 
ELIPSON「PRRESTIGE FACT 8B」
・各ドライバーを囲むダイヤモンドカットのような立体的なファセットリングは振動を整える役目と同時に、振動板から放出される音の広がりを調整、リニア特性に優れたレスポンスカーブを実現します。
・17 cm中低域用ドライバには振動を制御し歪みを減らすために弾丸状のアルミ製イコライザープラグを装備。
 
[Prestige Facet 8B]:2 way バスレフ型 ブックシェルフ
・再生周波数帯域:47Hz~25kHz
・能率:91dB / W / m
・インピーダンス:6Ω
・クロスオーバー周波数:2.7kH
・スピーカーターミナル:ダブル・バインディングポスト *バイワイヤリング/バイアンプ可
・仕上げ:フロントパネル:MDF/ラッカー塗装
・キャビネット:MDF/カラーシート ※ブラック、ホワイト、ウォルナット(フロントパネルはブラック)
 
 
Elipson Prestige Facet 8Bは専門家の間違いのない耳によってChoc Classica賞とDiapason d’Or賞に輝きました。各部門のチャンピオンです!
 
Prestige Facet 8Bは高能率を獲得し、定格出力85W 以下のどのようなアンプの実力も発揮させることができます。生気がみなぎるパフォーマンスでピュアな音楽再生はもとより、優れた音質のサラウンドシステムやホームシアターシステムを構成できます。
 
elipson 「 Prestige Facet 8B 」

【展示入荷】 AVANTGARDE 「 UNO XD FINO EDITION 」

AVANTGARDE ACOUSTIC UNO XD FINO EDITIONアヴァンギャルドの本質を限られたスペースで楽しむために”引き算の美学”を追求したモデル
アヴァンギャルド・アコースティック社最新スピーカー「 UNO XD FINO EDITION 」
 
 

“オーダーオプションバージョンで再入荷” 常設展示中です。

 
AVANTGARDE ACOUSTIC
UNO XD FINO EDITION
※ホーンカラー:ライトアンバーブロンズ&ルビーブリリアントレッド
※エンクロージャーオプション:ゼブラーノ
¥2,800,000/ペア(税別) ※オプションエンクロージャー追加価格

AVANTGARDE「UNO XD FINO EDITION」

オーダーオプションにより、さらにあらゆるシーンで得た知見が活かされた上質感が漂います。

 

常設展示をしておりますのでいつでも試聴していただけます。

ぜひご体験ください。

 
・その他のホーンカラーオプションのご視聴もお問い合わせくださいませ。
AVANTGARDE
 
・ホーンの歴史
繊細な音を感じ取る人の耳はホーン構造です。古代エピダウロス円形競技場もホーンの音響的原理を応用したデザインといえるでしょう。ホーンの原理は、この宇宙と同じくらい昔から存在するユニバーサルな物理法則といえます。ホーンは、音波を効果的にガイドし、センシティビティー(=能率)や音の放射効率を飛躍的に向上させます。ホーンは、最もナチュラルで、パワフルなトランスデューサー技術なのです。
 
・ホーンの利点
車に例えると、ホーンスピーカーは、僅かなコントロールで、加速も減速も思いのままに扱えるスポーツカー。ホーンスピーカーは、入力された音楽信号に極めて忠実に反応し、自在にダイナミクスを表現できます。高能率のホーンは、非ホーン型に比べ、トランスデューサーを構成する可動部品(ボイスコイルと振動板)を1/20程度まで小型化できます。可動部のイナーシャ(慣性質量)低減により、音楽信号をコントロールする性能が飛躍的に向上するのです。また、ダイアフラムの振幅が減ることによって、機械的特性が安定し、飛躍的に歪みを低減できます。
 
ドイツの著名なアーヘン工科大学による、ホーンの有り・無しによるラボラトリーテストの結果は驚くべきものでした。Avantgardeのホーンシステムは、一般的なボックス型のスピーカーに比べて、ダイナミックレンジは実に8倍。また、90%も歪を低減し、ディテールを描写する解像度は10倍になることが、科学的に実証されました。
 
・スフェリカルホーン
複雑な数学的アルゴリズムを用いて精密に計算されたAvantgardeのスフェリカル(球面)ホーン。正確無比な球面カーブによって、音の放射は、ホーンの入口から出口まで完全にコントロールされ、優れた指向特性とクセの無いナチュラルなサウンドを実現しています。
またAvantgardeの独創的、かつ高度な製造技術も他の追随を許しません。精巧なインジェクション・モールディング(射出成型)によるホーン製造プロセスは極めてダイナミック。巨大なスティール型にABSポリマーを射出成型する圧力は最大で2,500トンにも及びます。そして、最大の利点は、巨大なホーンをミクロンレベルの公差で仕上げる恐ろしく高度な品質管理です。一つ一つのホーンは完全に同一の形状を与えられ、正確なステレオ再生を保証しています。
 
AVANGARDE TECHNOLOGY
・CDC システム
CDC(Controlled Dispersion Characteristic=放射特性コントロール)※は、ミッドレンジホーンの特性カーブにドライバーの特性を正確に適合させる技術です。ネットワークレスを可能にする、いわばメカニカルクロスオーバーで、音楽信号を直接ボイスコイルに送り届けることで、クリアな中域再生能力と豊かな臨場感をもたらしています。
※ホーンの低域再生能力はサイズによって決まるため、ミッドのカットオフ周波数に合わせたサイズにホーンを設計すると、ホーンのカットオフ周波数以下は、12dB/oct.で急速に減衰します。ミッドレンジドライバーは、ロールオフ特性(6dB/oct.)を正確にホーンと同じ周波数に設計し、トータルで18dB/oct.の低域の減衰特性を獲得。これにより、ローカットフィルターを必要としません。そして高域側のカットオフは、ホーンスロート(付け根)に、小さなエアチェンバー(空間)を設けることで、高域を6dB/oct. でフィルタリング。ドライバーの-6dB のロールオフポイントはエアチャンバーの共振周波数と適合させ、ミッドの高域側もネットワークレスで12dB/oct.のロールオフ特性を得ています。
 
・OMEGA ボイスコイルテクノロジー
OMEGA テクノロジーは、スピーカー駆動時のコントロール性能を高める、高インピーダンス・ボイスコイル技術です。ボイスコイルの高インピーダンス化により、アンプのスピーカーコントロール能力(=ダンピングファクター)が飛躍的に向上し、仮に非力な真空管アンプであっても、楽々とドライブでき、伸びやかで力強い音色を楽しむことができます。
DUO/UNOシリーズの18Ωミッドレンジドライバーの場合、4Ωのスピーカーに比べるとおよそ450%もダンピングファクターが向上し、長いスピーカーケーブルを使ったときの悪影響も80% 低減できます。
(※アンプの出力インピーダンス:0.04Ω、スピーカーケーブル抵抗値:0.36Ω、ネットワークの抵抗0.6Ωにて試算)
 
CPCクロスオーバー
ツイーターには独自のCPCネットワーク回路を採用。コンデンサー1基で低域フィルタリングを行います。カスタムコンデンサーには、DC100Vのバイアス電流を加えるCPCモジュール(※コンデンサー極性化回路)が接続され、ゼロクロス歪みを排除することで、音質を向上させています。
※コンデンサーは誘導体を介した2つの電極から成り、音楽信号は、この誘導体を経由して流れます。音楽信号の波形が正から負へ、また負から正へ変化する度に、誘導体の電界が反転し、「誘導体メモリー効果」によって電界反転時にゼロクロス歪みが発生します。CPCカスタムコンデンサーは、多層構造の導体フィルムを採用し、誘導体に100Vのバイアス電流をかけることで、ゼロクロス歪みを防ぎます。
 
ミッドレンジホーンドライバー
ミッドレンジこそ、スピーカーシステムの心臓部。ボイスコイルの動きを均一にコントロールするため、強力なダブルフェライトマグネットアッセンブリーを採用しています。新しいソフトメッシュ・ファイバーグリッド・ドームは、安定性の高いグリッド(格子)構造の繊維を専用に開発。ミクロンレベルの繊維の隙間は、伸縮性の高い独自の特殊樹脂素材でコーティング。強靭なグリッド構造と伸縮性の高い裏地の組み合わせにより、分割共振を低減し、高周波歪みを吸収しています。公称インピーダンスは、驚異の18Ω。スフェリカルホーンとの組み合わせによって圧倒的な高能率と駆動のしやすさを実現しています。
 
・ツイーターホーンドライバー
Avantgardeらしい静電型スピーカーを彷彿とさせるスムーズな音色、1インチホーンドライバーの力強さを併せ持ち、最適化されたエアギャップ、新設計ボイスコイル、そしてマイラーフィルムの超軽量ダイアフラムを採用しています。余裕を持ったダイナミックヘッドルームがつながりの良いサウンドに貢献しています。
 
・ウーハードライバー(10インチ)
エアギャップ内の磁束密度を高め、磁力エネルギーの損失を防ぐアンダーハング構造のポールピースを備え、低域を強力に駆動します。 ウーハードライバー(10インチ)
 
・内蔵パワーアンプ(XD-500パワーモジュール)
サブウーハーは500Wの強力なXD-500パワーモジュールで駆動されます。入力はスピーカー端子、またはXLR端子。ハイインピーダンスのバランス入力(トランス受け)になっており、バランス増幅やブリッジ接続のアンプとの接続も可能です。
デジタルサウンドプロセッサー
XD-500アンプは、高度なDSPによるデジタルクロスオーバーネットワークを搭載。信号経路からパッシブフィルターを排除し、アナログ技術では難しい高精度な周波数コントロールを実現し、位相やインパルス特性の悪化など、アナログフィルターの問題点をクリアしています。レベル、クロスオーバー周波数、10バンドのパラメトリックイコライザーがプログラム可能。本体背面のディスプレイのほか、パソコンでも設定可能。お好みの音質に調整したり、リスニングルームにサウンドをマッチさせることが出来ます。
 
・アワード
部屋の中で静かに佇むその瞬間でさえ、人々の感性を刺激し、感情や記憶を解き放つことのできるスピーカーを目指して。デザインの細部に至るまで最大限の注意を注ぎ、私たちは業界最高レベルの評価をいただいているブランドの一つであることを大変誇りに思っています。レッド・ドット・デザイン賞、iFデザイン賞、ドイツデザイン賞、Plus Xアワード、EISAアワードなど、著名なデザイン賞を受賞したのみならず、2015年にはドイツデザイン評議会のメンバーにも選出されました。

【展示入荷】 Kiso Acoustic 「 HB-N1 」 スピーカーシステム

Kiso Acousticの「HB-N1」は鳴らすほど魅力的な響きを増していく楽器のようなスピーカーです。

 

楽器製造の高度な技術と入念なスピーカー調音作業の融合により誕生したスピーカーです、アコースティック楽器のような構造により、サイズを感じさせないスケールの大きな感動的な音楽を再現してくれます。

 

 

HB-N1
標準価格:¥880,000・ペア(税別)
別売スタンド
PODIUMSUTAND
標準価格:¥200,000・ペア(税別)

 

※Kiso Acoustic社の新製品「HB-N1」は、プレイバッハ.に常設展示してありますのでいつでもご試聴が可能です。

IMG_1421

 

 

HB-N1は、2ウェイ2スピーカーのブックシェルフ形状バスレフ型のスピーカーです。

(写真のスタンドは別売になります。)

IMG_1411

キソアコースティックの製品は岐阜県にある高峰楽器製作所で製造され、楽器づくりの職人による高度な技術が細部に生かされています。

 

背部に曲面をもつキャビネットの胴部分には、2.5mm厚のマホガニー単板を使用。熟練した職人が曲げ加工を施しています。美しい響きを得るために側面響板には3.5mm厚のマホガニー単板を採用。内部の平行面を無くす事で、定在波の発生を抑制します。
 ・
HB-N1」は多数の異なる形状を持った力木(ちからぎ)も側面響板に配置して不要な共振や音の歪みを排除すると共に、吸音材を一切使わずに音の響きをチューニングしています。

IMG_1430
クロスオーバー・ネットワーク回路には、ムンドルフ製のコイル、新型のコンデンサーを採用しています。
 
 バッフル材には高い音響特性を持つアピトン材とシナ材を交互に貼り合わせた合板を採用。フロントパネルには15mm厚のマホガニー単板を使用しています。
ユニットはいずれもPeerless製。ウーファーは10cm径。ツイーターは、独自のチューニングを施した25mmのリングラジエーター・ドーム型を採用しています。

IMG_1416

定格インピーダンスは6Ω。定格感度レベルは87dB/W/m。再生周波数帯域は40Hz~30kHz。クロスオーバー周波数は4,000Hz。外形寸法は148×234×305mm(幅×奥行き×高さ)。重量は3.6kgです。
塗装はマットフィニッシュ仕上げとなります。

【展示入荷】 TANNOY 「 Autograph mini/GR 」

TANNOY「Autograph mini/GR」

標準価格:¥360,000・税別

 

TANNOYを象徴するスピーカー「オートグラフ」をサイズダウンして再現した人気製品。「オートグラフミニ」が新たにGRエディションへと進化し「オートグラフミニ/GR」として再登場しました。

 

職人がハンドメイドで生産したウォールナット仕上げのエンクロージャに、TANNOY では最も小型の10cm同軸2ウェイ・ユニットを搭載した英国生産の本格的なモデルです。

 

入荷後店頭で早速鳴らしています。

大きさからは想像できない充実した低音が出て、タンノイらしく倍音が豊かで奥行きのある音楽が広がります。

 

 

 

IMG_0310

オリジナルオートグラフを彷彿とさせる糸を織ったサランネットも雰囲気を上げています。

以前のモデルよりフロントバッフルまわりが豪華になり、サランネットを外しても使えるデザインと造りになりました。

 

旧TANNOYロゴ「ライトニングストライク」をあしらったゴールドプレートの刻印が目立ってます。

IMG_0320 2

 

人気の高かったモデルを再登場させるのは容易ではなく、前作よりも明らかに良くなければ認めてもらえません。

オートグラフ/GRはタンノイの良心的な改良や熟成が評価していただける製品だと思います。

 

 

TANNOY オートグラフミニGRは、プレイバッハ店頭に常設していますのでいつでも視聴が可能です。

 

<主な仕様>

能率: 85dB(W/m.1kHz)入力インピーダンス: 8Ω

エンクロージャー仕上げ: ウォールナット無垢/ 突き板仕上げ

エンクロージャー容積: 3.45リットル

外形寸法: W209 × H356 × D156mm

質量: 4.4kg/台 

 

【展示入荷】 VIFA Bluetoothスピーカー 「 HELSINKI 」、「 REYKJAVIK 」

“Bluetoothスピーカー”
両手を広げて歓迎するか、避けられない運命と諦観をもって受け入れるか。
 
いよいよピュアオーディオと呼べる良い音で開放感も得られ音楽を五感で楽しめる無二の”Bluetoothスピーカー”VIFAが入荷しました。
お薦めしています説得力のある出来のよさ”特別なBluetoothスピーカー”VIFA「 HELSINKI 」、「 REYKJAVIK 」
 
 

HELSINKI

HELSINKI


Helsinkiは北欧デザインの純粋さとシンプルさを持つ天然素材を使用しています。

ファブリックはデンマークの一流テキスタイルデザイナーKvadratによって念入りに織られています。しかもウール糸を通して音を通過させるための特別仕様です。ソリッドアルミニウムのフレームは組み立て跡を残さず強度を保つために一体型に成型。
レザーストラップはスウェーデンのレザーメーカーTärnsjö Garveriによって厳選され丁寧に作られました。

天然の純粋な素材がHelsinkiスピーカーの本質を十分に映し出すよう選び抜かれています。
美しく年を重ねる素材たち。

Helsinkiはずっとあなたに連れ添えるようデザインされています。

 

HELSHINKI

・ドライブユニット:フルレンジ 2x50mmアルミニウムコーンとネオジウム磁石のVifaユニット
 ウーファー: 2x60mmフラットサンドイッチコアとネオジウム磁石のVifaユニット
 ピストンモーション駆動できるよう背面対向にマウントされた2基のウーファーユニットを搭載
 *2基のパッシブラディエータによってサポートされるforce balanced構成で背中合わせに実装
・筐体内部2箇所に低域レスポンスを伸長させるパッシブラジエーターを最適位置に配置。
・Pure Path Digitalアンプを採用
・低域歪みと高精度の為に最適化されたDSPクロスオーバー
・フレーム:アルミダイキャスト
・リチウムイオンバッテリー:充電時間/約 3.5 時間、再生時間/約 8時間)
・¥57,000-/税別

 
 
 

REYKJAVIK

REYKJAVIK
Reykjavikは、Vifa.Bluetoothスピーカーで最小のスピーカーです。
一番小さくてもサウンドには全く妥協がなく、驚くほど豊かなサウンドが溢れ出し、その形状は360度全方位に広がるサービスエリアをもたらします。
 
これまでのVifa製品と同様に、高品質で素朴な風合いの天然素材を使用したファブリックは、
デンマークの一流テキスタイルデザイナーKvadrat(クヴァドラ)によって丹念に織られています。
 
そして新しいReykjavikにはもうひとつの新しい仕上げがあります。
アルミにアルマイト処理を施し溶岩石のような荒々しさを感じさせるLava Blackです。
Vifaにとってまったく新しい仕上げ、それはアイスランドのなだらかに見えながら溶岩が流れ霧がかる景観とのオマージュです。
 
 
Vifa b・ドライブユニット:トゥイーター 19 mm×2 Vifa 製ユニット(繊維ドーム/ネオジウム磁石)
 ウーファー 70 mm×1 Vifa 製ユニット(アルミニウムコーン/ネオジウム磁石)
・低域歪みと高精度の為に最適化されたDSPクロスオーバー
・360度全方向と強力な3chデジタルアンプ
・Reykjavik をもう一台つなげて、リンクすることにより、ステレオ再生も可能です。
・フレーム:Sandstone Grey(布地):特注Kvadrat製高品質ウールテキスタイル、Lava Black(アルミニウム製):アルミアルマイト処理
・リチウムイオンバッテリー:充電時間/約 4 時間、再生時間/約 11時間)
・¥33,000-/税別

 
 

プレイバッハの店頭に常設展示をしております。
”Helsinki”と”Reykjavik”両機種はいつでも静かな環境で気軽に試聴していただけます。

【展示入荷】 Avantgarde 「 ZERO-TEIL AKTIV 」常設展示しています。

100dBを超える能率を誇るアバンギャルド伝統の2Wayのホーンユニットとアクティブウーハーで構成されたシステムを、新しいデザインに凝縮した新型スピーカー「ZERO-TEIL AKTIV」を店頭に展示しました。
 
avantgarde ZERO
いったいどうしてこの形状からこんなにも鮮やかで力強い音楽が届けられるのか?
ホーンスピーカーにもかかわらず、まるでエレクトロスタティックスピーカーのような外観と豊かなダイナミックレンジ、そして弦のうねりを見事に捉える圧巻のベース。
 
さんざんオーディオをやり尽くしたファンたちが、なぜアヴァンギャルドを選ぶのか?
“Avantgarde”を聴くと、その答えの片鱗を垣間見ることができるはず。
形も価格もコンパクトにまとめられたアヴァンギャルドからの贈り物。
あなたのミュージックライフに新しい風とハイセンスな彩りを届けます。
 
Avantgarde/ZERO – TEIL AKTIVは、パッシブ2ウェイホーン+アクティブウーハーというAvantgarde伝統の構成を最小のエンクロージャーで実現。クリアでパワフルなサウンドを省スペースでお楽しみいただけます。
サイズの印象もカタログのイメージより大きく感じられ、オーディオルームの壁が白色でも、マットなつや消しのホワイトは存在感があります。
 
400mmのミッドレンジは300Hzまでを再生。低域は12インチドライバーx1を500Wの内蔵アンプで力強く駆動します。インピーダンス8Ω、能率104dBを達成し、87dBクラスのスピーカーに比べて32倍という驚異のダイナミックレンジを達成。また、CDCテクノロジーによるネットワークレスのミッドレンジ、10バンドEQ搭載DSPによるフレキシブルな低域の調整など、上位モデルと同じ技術を搭載しています。
 
能率の良さを感じさせる、鳴りの良い浸透力のある音で、プリメインアンプでも、ウーファーの調整次第で、安定した一体型の良さというか、バランス良く鳴ります。
 
低域には500Wの内蔵アンプで駆動するサブウーファーで重低音を支えています。低音のボリュウムや、プリセットされた10バンドのイコライザーなどを好みにあわせて調整できます。
 
また、PCにダウンロードしたコントロール用ソフトで、細かなセッティングも可能となりました。
 
 
Zero
 
ai 商品紹介バナー

【展示入荷】 新型 Avantgarde / 「 UNO XD 」

uno-xd-header
AVANTGARDE ACOUSTICは、ドイツのハイエンドメーカーです。
完璧な音にこだわって、美しいオーデンヴァルト地域から世界中の愛好家に出荷される最高品質のホーンスピーカーとアンプを設計、製造しています。言葉では言い表せないことが多い、純粋なサウンド体験を尊重する人々のために作られています。
 
 
Avantgarde UNO XDavantgarde(アヴァンギャルド)/UNO-XD
¥3,700,000/ペア-(税別)
 
UNOの新型「XD」も2ウエイ構成のホーン+アクティブサブウーファという構成です。
直径500mmのミッドレンジホーンを中心に、130mmのホーンツイーターを組み合わせています。
 
Avantgarde : 「 UNO XD 」
 
低域はアンプが内蔵されたアクティブ型のウーファーユニット2個が受け持ちます。ウーファ用のアンプは従来の4倍となる1,000Wに強化され、DSPも搭載。低域再生が大きく進化して、強力かつ、よりフレキシブルになりました。
アンプはDSPによるデジタルクロスオーバーネットワークを搭載して、高精度な10バンドのイコライザー機能を持っています。
操作は本体のディスプレイの他、パソコンを繋いでの設定もできます。
 
 
 
XDシリーズになって、第3世代になるユニットの進化が印象的です。
フラッグシップモデルのTRIOと同様にツイーターがダブルフェライトマグネットに、ミッドレンジにもメッシュドームを搭載して、それぞれのドライバーも変更となりました。
 
能率は107dB/18Ωとなり、” UNO XD”から”TRIO XD”までのavantgarde全てのシリーズでトゥイーターとミッドレンジのドライバーユニットは共通となり、より深々とした鳴り方になったと思います。
 
 
大注目の新型avantgarde / UNO XDは 店頭でいつでもご試聴いただけます。
 
 
【展示入荷】 新型 Avantgarde - 「 UNO XD 」
 
 
公式サイト
 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【お買い得品 / 店頭展示機現品】
Avantgarde“UNO XD”

店頭に2セットあるAvantgardeの現行機種“UNO XD”。
ホーンカラーやキャビネットの仕上げ違いによる異なる魅力、印象を実際にご覧いただきたくて狭いながらも2ペアのカラーを定期的に変えてご覧いただいておりましたが、TRIO XDのコーナー確保のため1ペアを特別価格にてご案内いたします。

 
UNO XD
Avantgarde Acoustik
UNO XD
・ホーンカラー:Diamond Crystal Silver
・エンクロージャー:Black Satin
標準価格:¥3,700,000/ペア(税抜)
展示機現品価格:ご希望の方はお問い合わせください。
 
唯一無二の音世界をで楽しめる現代ホーンスピーカーの雄「アヴァンギャルド」。
UNO XDはシリーズの中でも比較的にコントロールしやすいモデルです。上位機種と何ら遜色のない上質な音を奏でるハイコストパフォーマンス機。なぜ音の良くわかったオーディオファイルほどアヴァンギャルドを選ぶのか?
 
「オーディオ機器を通して音楽を愉しむ満足度を高めてくれるアヴァンギャルド」が愛用される魅力を是非この機会にご体験ください。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・