▲ ページの先頭へ

幸田市にありますオーディオ機器、AV機器販売のプレイバッハ.のホームページです。

トピックス&イベント

トピックス

トピックス一覧

4/7(土)-8(日)は「Mark Levinson」と「REVEL」 のフリー試聴会です。

2018年04月06日(金)

今回は、高級車レクサスに採用されたことでも有名な米国を代表するオーディオブランド「mark Levinson」の試聴会です。

 

又、スピーカーには「mark levinson」の姉妹ブランドとして展開されている「REVELブランド」から、新しく発売されますスピーカー「REVEL/ F228Be」 を使用いたします。

 

ハイエンド・オーディオという新しいジャンルを確立したブランドとして受け継がれた歴史と最新のテクノロジーを投入した『新生マークレビンソン』をぜひ体感して下さい。

 

※4/7(土)・4/8(日)の両日ともに、メーカー担当者が来店のうえ機種説明及び試聴デモンストレーションを行う事になりました。

 

 

IMG_9871

 

 

話題の《グラウンドコントロール》 CAD/GC1が入荷しています。

2018年04月04日(水)

ステラからついに国内発売開始となりました、CAD社が《グラウンドコントロール》と名付けている高周波ノイズ除去機/GC1を店頭デモ用として展示を始めました。

 

主にデジタル回路を搭載した機器の入出力端子/シグナルグラウンド1箇所に接続するだけと簡単に使えて、たいへん効果的なアクセサリーです。

CAD GC1

英国CAD(Computer Audio Design)/GC1

 

微小表現の再現性がかつてないほどまで高まります!「使うと音にならない音の表現力がグッと高まる」が、ご体験いただけます。

 

実機はズッシリと重く、ノイズ除去仕事率が高そうと感じる心強い存在感があります。

ぜひお越しください。

FOCAL Aria 906、そして KEFF Q-950 の下取りUSED品が入荷しています。

2018年03月27日(火)

フランス FOCAL のブックシェルフスピーカー「Aria 906」と、

英国 KEFF  Qシリーズのトップモデル「Q-950」。

どちらも、現行モデルの美USED品が入荷しています。

 

KEF、FOCAL共に、ユニット開発からエンクロージャの製造まで一貫して行うヨーロッパの名門スピーカーメーカーです。

 

状態もとても良いです。


DSCN2595

4月7-8日 マークレビンソン新製品フリー 試聴会のお知らせ

2018年03月23日(金)

4月7-8日(土日)は、米国を代表するハイブランドオーディオ「 Mark Levinson 」のフリー試聴会を行います。

 

 

今回は、先日の名古屋オーディオフェスタでもお披露目されて注目を集めた、マークレビンソンから久々に登場したアナログプレーヤー「 No 515 」と、フォノイコライザーアンプを搭載した新型インテグレートアンプ「 No 585.5 」をメインに行う試聴会になります。

 

又、「 Mark Levinson 」とは姉妹ブランドとなります、「 REVEL 」ブランドの新ラインから、ベリリウムツィーターを搭載した「 REVEL 」のトールボーイ型スピーカーの新製品、「 F228Be 」も用意しました。

 

受け継いだ歴史と最新のテクノロジーを投入した”新生マークレビンソン”を、ご体感して下さい。

 

※4/7土は終日フリーの試聴会、4/8日にはハーマン製品に詳しい担当者が、製品の説明をしながら試聴デモンストレーションを行います。

 

プレイバッハ.のイベントページはコチラです。→

 

 

当日のデモ機は下記のとおりです。

 

新製品<No515 ターンテーブル

>¥1,080,000

(試聴会で使用するカートリッジは、本国でパッケージ販売されているOrtofon/MC-Q30Sを用意しています。)

AVimg_17814

新製品<No585.5 インテグレーテッドアンプ

使用アンプは、プリメインアンプ/No585.5を予定していましたが、セパレートアンプのNo526とNo534に予定変更になりました。

 

・プリアンプ
 No526
 標準価格 ¥2,150,000(税抜)

Harman International
・パワーアンプ
 No534
標準価格 ¥2,150,000(税抜)

ph03-1

・オーディオプレーヤーが追加になりました。
No519

標準価格 ¥2,150,000(税抜)

lev_no519_3

 

今春発売予定<REVEL ・Be F228Be

>¥価格未定

REVEL Performea F228Be MS

ハーマン試聴会
4/7(土):フリー試聴会
4/8(日):ハーマンインターナショナルの藤田氏が解説を行います。

 

C.R.D Woodham1.0 管球アンプのUSED品が入荷点検中です。

2018年03月21日(水)

CR.DEVELOPMENTS/CR.デベロップメント ” Woodham 1.0”

 

英国のプリミティブな管球プリメインアンプが入荷しました。

 

只今、修理の師匠の元でしっかり、調整&メンテナンス中です。

出力真空管「 6BQ5 」 も全部新品に交換して販売する予定です。

 

DSCN2372

メンテナンスが終わり次第、USED品コーナーにアップします。

IMG_9705

お問い合わせをお待ちしています。

EAR 869 限定GOLDバージョン 管球式プリメインアンプ

2018年03月20日(火)

発売時に50台のみ発売された貴重なゴールド仕上の「 EAR869」です。

シンプルを突き詰めたEAR人気のプリメインアンプの限定モデルです。

.
パワーは15Wで、気持ち良く音楽を聴くにはパワーを必要と思ってしまいがちですが、出力値でイメージするよりドライブ能力は高いですから、ある程度大きなスピーカーでも問題なくドライブ出来ます。

.

EARならではの艶の有る肉厚なサウンドは他のアンプでは物足りなく感じるファンも多いんじゃないでしょうか。

.

使用に伴い、擦りキズ、トランスカバーの金メッキ部分に経年変化はありますが、特に目立つキズはありません。
ボリュウム、セレクターのガリは無く動作は安定しています。

.

標準価格:¥—

USED品販売価格:¥・税込み
→Sold。DSCN2456


プリメインアンプとしてだけではなく、セレクターとヴォリューム段をジャンプさせて、パワーアンプとして使用するための切替スイッチがあります。

ダイレクトにパワーアンプとして使ってもEARの瑞々しい音色が楽しめます。

(さらに…)

管球プリメインアンプEAR869 限定のGOLD仕様 USED品が入荷しました。

2018年03月20日(火)

EAR 管玉式プリメインアンプ「 EAR869 」50台限定モデルが入荷しました。

 

パラビッチーニならではの肉厚なサウンドの管球プリメインアンプです。

 

DSCN2535

 

オーディオに限った話ではありませんが、限定モデルにはプラスαの魅力がありますね。

 

後ほどUSEDコーナーにアップします。

ESOTERIC N-03T ネットワークトランスポートを常設展示しました。

2018年03月17日(土)

ESOTERIC からついに発売された本格ネットワークオーディオトランスポート『N-03T』 の店頭展示を始めました。

 

CDプレーヤーを進化させてトランスポートとDACを分け、音質のクオリティを上げたのと同じように、ネットワークトランスポートは、ネットワークオーディオを進化させ、DACを選ぶ自由度を持たせた製品です。

 

『N-03T』はDAC機能を持たないので、デジタル入力できる機器が必要になり、ネットワーク再生にはお気に入りのDACを使って楽しむ事になります。

プレイバッハでは海外メーカーのこだわりのDACやデジタル入力付きのCDプレーヤーのユーザーが多くいらっしゃいますので、是非紹介したいと思い常設展示しました。

IMG_E9716

店頭でDELAのNAS「 N1A/2 」を使って、現在展示中のESOTERIC のネットワークプレーヤー「N-01」などと聴き比べをしています。
音色やキャラクターは、想像以上に送り出しのトランスポート側の性能が反映されて、これは侮れないという感じです。

 

是非店頭でご確認下さい。

EAR861の下取り品が入荷点検中です。

2018年03月17日(土)

EARのパワーアンプが入荷して点検中です。

 

一度好きになるとEARの艶のある音は病み付きになりますね。

IMG_9542

 

残念ながら「EAR/861」 は日本での販売を終了していますので、今はUSED品 で手に入れるしかありません。

お問い合わせお待ちしています。

 

売約済です。

試聴機がいろいろ入荷しています。

2018年03月15日(木)

TADの人気コンパクトスピーカー「ME-1」の新色、シルバーカラーと、同じく“Evolutionシリーズ”のCD/SACDプレ—ヤー「TAD-D1000MK2」のクールなブラックタイプが入荷しています。

 

※現在店頭には無いモデルも有りますが、ご予約をいただければデモ機のレンタルが可能のものが有りますので、ご試聴希望がございましたら、お問い合わせ下さい。

 

 

そして、こちらもこだわりの詰まった純日本製のスピーカーとしてプレイバッハの試聴会でもたいへん好評でした無指向型スピーカー「Falcon Lab」のフラッグシップモデル「model707」、現実的なサイズの「model503」と「model401」、コンパクトブックシェルフの「model201」の4機種が店頭で試聴可能になっています。

 

しばらくのあいだ試聴できるようになっていますので、視聴会を聞き逃した方や、興味のある方はこの機会に是非一度聞いてみてください。

 

TAD、Falcon Lob 共に、日本製ならではの音質を最重視する技術と、しっかり作り上げられた丁寧な造りも魅力です。

さすが、ニッポン・オーディオです!

 

IMG_9678

 

 

プレイバッハで販売実績の多い「model503」など Falcon Lab のスピーカーは4月中頃まで店頭に視聴機があります。

IMG_9602自然で本当に聴きやすいスピーカーです。
カネゴンに見えてきたのは僕だけですね、、。

.

.

TADの「ME-1」と「D-1000Mk2」は3/25(日曜)まで試聴機があります。

.

改めて見ても、とてもいいサイズ感です。澄み渡った音も一聴の価値アリです。

色がシルバーグレイだとプレスラインがクッキリ出てスタイリッシュに見えますね。従来のブラックカラーとは違う印象で、一見の価値もアリです。

IMG_E9536