▲ ページの先頭へ

幸田市にありますオーディオ機器、AV機器販売のプレイバッハ.のホームページです。

トピックス&イベント

トピックス

トピックス一覧

CHORDの新シリーズの試聴用ケーブルが入荷しました。

2017年09月21日(木)

英国のケーブル専業メーカー、CHORDの新しいケーブルシリーズ「SarumT」が先日より入荷しています。

(同じ名前でDACを作ってる、あの英国のメーカーとは全く関係ないです)

.

新シリーズから、スピーカーケーブル、インターコネクトのXLRとRCAの3アイテムがプレイバッハでいつでも試聴可能になっています。

DSCN0452

 

驚くような高性能な音を出すものの、バランス感覚においてどこか違和感のあることもある厚化粧(これも有りです)の高価なケーブルや、人気のアメリカ製のハイエンドケーブルとは一線を期した、誇張が少ない自然なサウンドです。
.

音をうまく表現するのは難しいですが、自分がどのようなサウンドを求めているのか、こればっかりは実際に聴いてもらうしかありませんので、是非店頭で視聴してみてください。

.

※ご自宅で使用中のケーブルを持ち込んでの比較試聴もOKです。

DSCN0456

 

デモ機情報はコチラです。→

Luxman DA-06 下取り品が入荷しました。

2017年09月16日(土)

USB対応のD/Aコンバータ「DA-06」、Luxmanの現行品です。

同じ下取り品が2点揃って入荷しました。どちらも程度極上です。

DSCN0398

僕は古めの音楽ばかりが好きで、新しい音楽を頭から毛嫌いしていたところも有りました。なんというか、打ち込みの多さとか、音の固さというのがが気に食わなかったんですけど、なかなかどうして今の機材を使っても、とてもソウルフルな曲を造っている人達が沢山現れて来ていて、一束にして嫌いだっていうことこそ老化の一歩だと思い、最近はUSB入力付きのDACを使ってストリーミング再生をして、新人を沢山掘っているんですけど、、皆さんも掘ってみてください。なかなかいい音楽が沢山生まれています。

 

後ほど中古品にアップします。

OPPO「UDP-205」デモ機が入荷しました。

2017年09月08日(金)

OPPO「UDP-205」が店頭に入荷しています。

やっと、供給が追いついてきましたので、本日よりプレイバッハの店頭でいつでも試聴が出来るよになっています。

 

UHD BD、Blu-ray Disc、DVDといった映像ソフトはもちろんのこと、現状考えられるほぼすべてのオーディオ系デジタル音源を聴くことができる、守備範囲の広いディスクプレーヤーです。

.

音質はリファレンスレベルの向上が図られていると言うことなので、特に音楽再生を中心に、勉強と試運転を兼ねて様々なソフトを視聴しているところです。

.

今のところ、再生できないメディアを思い付きません、そしてその頭の良さと便利すぎる内容は、是非店頭でご確認下さい。

IMG_8358

​限定品の高音質アナログコレクションの予約受付中です

2017年09月06日(水)

STELLAとステレオサウンドより、高音質アナログレコードコレクション第5弾として、次の2枚が10月20日より発売されます。

 

 

◎1枚目「テレサ・テン」の第3弾!

ヒット曲から、珠玉のカバー曲、中国語の響きが美しい名曲まで、「アジアの歌姫」としての魅力や、時代を超えて心に響く名作を、ラッカー盤に近い鮮度を保ったプレスで聴くことができます。

SSAR018_m

・テレサ・テン≪ベスト3≫

重量盤 180g/33 1/3 rpm
価格:8,640円(税込)

 

 

 

◎2枚目は、新たな試みとしてクラシックの名盤をLP化 !

「チャイコフスキー・ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品35」
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリン)
ウイーンフィルハーモニー管弦楽団

・重量盤 180g/33 1/3 rpm

価格:5,800円(税込)

 

カラヤンがムターの才能を見抜き、広く世界へ紹介し、その後のムターの将来を大きく花開かせた歴史的な録音とも言えるのがこの音源です。

SSAR019_m
多くのクラシックファンに愛聴される名盤ですが、マスターは44.1kHz/16bit のデジタル録音であり、今まで日本国内ではCDでのみリリースされておりました。

ムターのCDと比較すると、オーディオの楽しみが更に深まります。

 

※本日より、プレイバッハで予約受付中です。

LPの詳細はこちらからご覧下さい→

falconlab 全指向性スピーカー試聴会は終了しました。

2017年09月04日(月)

「falconlab 全指向性スピーカー試聴会」は、多くの方にご参加いただき、おかげさまで無事終了致しました。

 

直接、音と向きあう通常のスピーカーとは違う、無指向性とか全方位型と言われるジャンルのスピーカーには、形も面白いものが多いですし、以前から海外、国内メーカーを含めて注目していました。

 

無指向性スピーカーの前後左右に振り撒かれた音は、つかみ所がなくて、薄い音でBGM的になりがち、という印象がもしあれば、それは全然違います。

 

全指向型スピーカー「ファルコン」から出てくる音は、浸透力のある、明快で力強く沸き上がって出てくる自然なサウンドです。

ライブ演奏は特にですが、ソフトによっては「電気的な音なのに、なんでこんなに奥行きがあるんだろう」と、素直に思うことができました。

 

DSCN9895試聴会には、先月完成したばかりのピカピカ仕上げの新色の「model 503」を持ち込んで頂き、夏の終わりに良いものを聴くことができました。

試聴して頂けた方の反応も好評でしたので、あらためて機会をつくって紹介できたらと考えています。

Musical Fidelity「M6i」 プリメインアンプの下取り品が入荷しています。

2017年09月01日(金)

「MusicalFidelity」 というブランドイメージどうり、心地よい英国サウンドが楽しめます。

イギリスの音色を味わう事のできる、高品質な実力派アンプだと思います。

 

後ほど、USED品コーナーで紹介します。IMG_8316