▲ ページの先頭へ

幸田市にありますオーディオ機器、AV機器販売のプレイバッハ.のホームページです。

トピックス&イベント

トピックス

トピックス内容

FALCON LOB/ MODEL-503 無指向性スピーカー

FALCON LAB/ファルコン・ラボ  さんから、この春に発表予定で完成したばかりの新規モデル ”MODEL503 ”を見せて頂く機会がありましたので、大急ぎでしたが試聴させてもらいました。

 

“FALCON LAB” はアメリカ西海岸の有名ハイエンドスピーカーメーカーなどのOEM生産を100%手掛けている日本の会社という事で、昨年からオリジナルブランド “Falcon Lab” によるスピーカー・システムを立ち上げて販売されています。

 

IMG_5808

 

見た目のとうり、いわゆる音場型方式のスピーカーです。フォノグラム的でありながら、立ち上がりが早くリアル感たっぷりの音が出ておりました。
当然サービスエリアが広いので、スピーカーの前側なら、わりとどこで聞いてもステレオ感があります。

ペーパーコーン製のウーハーという事でしっかりした明瞭な音ですが、スペックはさておき、長時間ゆったりと疲れずに聞いていたいスピーカーです。

 

 

国内メーカーの良さは品質が安定していて、高級品には所有するオーナーを満足させる存在感や高級感があって、期待を裏切らない日本人らしいつくりの良さがある国産高級車と通じるところがあります。
ヨーロッパでは、日本の大手メーカーはもちろん、新藤ラボやオーディオ・ノート、キソ・アコースティックといったガレージメーカーまで、日本製ブランドは「高級品」扱いされています。
値段も高いですし、日本の2倍以上の価格で売られていたりして、びっくりすることもあります。例を挙げればキリがありませんが、世界の中でも日本製はかなり評価が高くて頑張っていると思います。
すでに昨年発売されている、この上のグレードの大型システム、MODEL-707にも興味が出てきました。

“Falcon Lab” は、今年の名古屋のオーディオフェアには出品されないという事ですので、又、機会をいただいて聴いてみたいと思います。

 

スピーカーユニットから立派なエンクロージャーまで全てが自社製だそうです。

素晴らしい仕上げで日本メーカーのモノ造りへの愛情を感じます。

試聴後はすぐに某オーディオ雑誌社に運ばれていきました。