▲ ページの先頭へ

幸田市にありますオーディオ機器、AV機器販売のプレイバッハ.のホームページです。

トピックス&イベント

トピックス

  • プレイバッハ.
  • トピックス > リニアトラッキングアームがセットされた「Performance DC with TT5 and MC Essence」のデモ機が入荷しました。

トピックス内容

リニアトラッキングアームがセットされた「Performance DC with TT5 and MC Essence」のデモ機が入荷しました。

世界最大のアナログ専門ブランド、ドイツのクリアオーディオの豊富な種類のアナログプレーヤーの中から、「Performance DC」をベースに、新しいプレーヤーシステムとして、リニアトラッキング方式のトーンアーム「TT5」と、カートリッジには、クリアーオーディオMCカートリッジの最新作「MC Essence/ エッセンス」を組み合わせた新モデル「Performance DC with TT5 and MC Essence」のデモ機が店頭に入荷しています。

 

この機会に是非体験して頂きたいアナログプレーヤーです。

 

 

※現在店頭には有りませんが、ご予約をいただければデモ機のレンタルが可能ですので、ご試聴希望がございましたら、お問い合わせ下さい。DSCN1033

 

システムの最大の特徴は何と言っても独自のリニアトラッキング方式を採用したアームです。

リニアトラッキングアームは、音溝がレコードにカッティングされる時と同じ軌道でアームが弧を描かずに一直線に移動しながらトレースして行く、理想的なトーンアームの方式です。

 

DSCN1067

 

トーンアームの動作は、ガラスチューブ内のベアリングで針先がレコードの回転と共に中心方向へ動いてゆく僅かな力を利用してヘッドシェルを直線的に外周から内周へ移動させて行きます。

 

 

搭載されているリニアトラッキングアーム「TT5」は特にモーターやセンサーなどの複雑な制御システムや動力は使わずに、チューブとベアリングの加工精度だけで、針先が音溝に導かれる力でスムーズに、ただただ内側に移動するというシンプルな構造になっています。

 

 

アームは、外周から内周に向けて直線的に平行移動しますので、常にトーンアームの軸が音溝の接線の延長線上にあるため、針先とレコードの溝のズレ(トラッキングエラー)が有りません、レコードの内周での歪みも発生しません。

 

正直、言葉だけでは理屈っぽくて分かりにくい事もありますが、
アナログ再生はどこに力の頃合いを見つけて、どのように針を動かすかという事だけでも、凄く音の変わっちゃうところが面白いところです。

 

DSCN1073

 

アーム自体は、オーソドックスなスタティックバランス型のようです。

レコード盤面の反りにより発生する針先の上下方向への変化に対しても、しっかり追従出来るようにデザインされています。

 

IMG_8602プラッターを磁気で浮かせてスムーズな回転とモーター振動をターンテーブルに伝えない構造になっています。(軸受けとプラッターの間はマグネットで浮かせて、ギャップを持たせています。)

 

DSCN1059

78rpmにも対応する、ドイツ製ならではの隙のなさも魅力です。

 

「Performance DC with TT5 and MC Essence」と、長い名前ですが、シンプルにまとめられたデザインの中で、マグネットでプラッターを浮かせた、超スムーズに回転するターンテーブルに、高度なリニアトラッキングの技術が組み合わされて、MCカートリッジまで付いた非常にパフォーマンスの高い魅力的なアナログプレイヤーです。

 

価格は¥750,000(税別)です。

11月末頃までのデモとなります。